基本の表書き

【基本の表書き】深謝

表書き一覧へ戻る

概要

何か相手に対してしてしまった非礼に対するお詫び
お詫びの言葉は三段階あり
用途に応じて使う。

御詫び < 陳謝 < 深謝

水引なしのしなしの通称白のしのほうが良い。

深謝

読み方

しん-しゃ

用途

相手に対して重大な非礼を働いてしまい、
謝罪をする際に使う。

三段階あるうちの一番上
そのため、
水引なしのしなし
お祝い事ではない、
お見舞いなどと同じ謹んだ贈り物の扱いになる。

特記事項

この場合は謝罪に行くのが目的なので、
現金をこの掛け紙(のし袋)で用意してはいけない
お金でさっさと片づけたいと思っていると思われてしまう。

深謝ともなると、
簡単にできるものでもなく
どのような被害を与えるに至ったかを、
迅速正確把握したうえで、
それを詫びる必要がある。

できることなら、
すぐにお詫びに伺い
その後にすべて把握したうえで深謝を、
総責任者がしにいくのが良いと思われる。

贈る物は、
シンプルなお菓子などがよい。

以前、
百貨店の食品部長に言われたのは、
お詫びのお菓子は
小さくて重くてシンプルな包装の箱が良い
軽くてかさばるせんべいとかは向かない。」

と言われた。だからとらやの羊羹が使われるのだと。

予算としては3500円~1万円位。

ちなみに「薄謝」はの意味なので、
お詫びには使えない

見本

-基本の表書き

© 2022 備忘録.site Powered by AFFINGER5