基本の表書き

【基本の表書き】粗品

表書き一覧へ戻る



概要

一般的に特におめでたいことでない、
普通の贈り物であっても、
紅白5本水引のしつき花結び(蝶結び)の掛け紙にする。
このご縁が長く続きますようにという意味合い。

粗品

読み方

そ-しな

用途

ちょっとした贈り物
記念品

特記事項

近年では、
へりくだって粗品としたのに、
粗いなら欲しくないと言われたりと、
言葉の額面通り受け取る人が多くなり、
使いづらい表書きになった。

そのため、
心ばかり」「記念品」「謹呈」などに、
言い換えたほうが良い場合が多い。

詳しくはリンクへ

見本

近年は個人ではあまり使わない

おすすめ。最近よく使う。

そのものずばり



粗品でもらえたら嬉しいなんてレベルでない

 

-基本の表書き

© 2022 備忘録.site Powered by AFFINGER5