基本の表書き

【基本の表書き】奉納

表書き一覧へ戻る

概要

一般的には寺社へお供え物を、
納める際に掛けられる掛け紙(のし紙)。

紅白5本水引のしなし花結び(蝶結び)で用意する。

奉納

読み方

ほう-のう

用途

寺社へお供え物などを納める際の掛け紙(のし紙)

特記事項

似た言葉に「奉献」があるが、
「奉献」の場合は自分の家や土地に、
神官を招き入れてそこで神事を執り行ってもらう際の、
表書きである。
(例:地鎮祭、棟上げ式など)

用途が違うので間違えないようにする。

奉納」と同じ意味では、
献納」「献呈」「献供」「御神前」がある。

のしなしの掛け紙(のし紙)にするのは、
のしが元々awabiwonoshitamonoだから。
寺社へのお供え物に生臭物を使わないので、
のしなしの掛け紙(のし紙)を選ぶ。

のしの説明は下記記事を参照ください。

見本




神社への奉納と言えば、
清酒ですね。

-基本の表書き

© 2022 備忘録.site Powered by AFFINGER5