基本の表書き

【基本の表書き】御帯解御祝

表書き一覧へ戻る

概要

一般的には七歳七五三のお祝いに使う。
祝賀御帯解」「賀御帯解祝」も同じ。
」単独で「喜び祝う」という意味があるので、
「祝」を付けないで、
賀御帯解」(おんかみおきがす、がおんかみおき)とする場合もある。

紅白5本水引のしあり花結び(蝶結び)、
もちろん、
七五三御祝」「祝・七五三」でも良く、
三歳、五歳、七歳に使える。

御帯解御祝

読み方

お-おび-とき-お-いわい
おんーおび-とき-お-いわい

用途

七歳の七五三のお祝いを贈る

特記事項

七五三は子どもが初めて帯を締める、
儀式である「帯直しの祝」によるもので、
三歳が「髪置きの儀」五歳が「袴着の儀」、
七歳が「帯直しの儀」または「帯解きの儀」をする。

鎌倉時代に七歳になると着物を着る際に、
付け紐をやめ、
帯を初めて締める
成長を祝う儀式が行われていた。

付け紐というのは、

画像は甚平であるが、
こういった服がはだけないように、
つけてある紐のこと。

室町時代になると、
帯解きの儀」という名前が付く。
ただ、この時点では九歳にしていたとされている。

江戸時代に入ると、
男児は五歳で「袴着の儀
女児は七歳で「帯解きの儀」を行うようになっていき、
この儀式を行うことによって、
男として女として扱うようになるのである。

見本

七歳のみ。

三歳、五歳、七歳の全てに使える

-基本の表書き

© 2022 備忘録.site Powered by AFFINGER5