基本の表書き

【基本の表書き】御見舞

表書き一覧へ戻る


概要

一般的には病気のお見舞いや、
災害にあった場合のお見舞いに使う。

水引なしのしなしいわゆる白のし

お祝い事ではないため

ただし、
選挙運動をしている人や、
公演や展覧会をしている人への、
陣中見舞い」は、
意味が違うので、
紅白5本水引のしあり花結び(蝶結び)でよい。

御見舞

読み方

お-み-まい

用途

病気療養中災害にあった人へ贈る

特記事項

何か起きた人にすぐ贈りたがる方が多いが、
何か起きてすぐ贈るのは自己満足か、
パフォーマンスに過ぎないのでやめるべき

病気で入院しているなら、
そんなにすぐに持ってこられても、
病気によっては飲食ができないし、
ケガでもつらい時期なので。

災害であるなら、
御見舞を被災地へ送る労力を、
支援物資などに充てるべきである。

送られた側も迷惑であるが、
個人向けのお見舞いを、
支援物資のつもりだからと強行する方が意外と多い。

最近の宅配便は、
被災地向けの受付を停止していることが多い。

ただし、お金の場合は直近で困っている場合もあるので、
この限りでない

その場合は病気ケガなら家族へ渡し
直接本人へ渡すのは避けるべき

災害の場合は本人に確認すべき

ほとぼりが冷めてから贈るべき

見本




-基本の表書き

© 2022 備忘録.site Powered by AFFINGER5