基本の表書き

【基本の表書き】御出産御祝

表書き一覧へ戻る



概要

相手方に子どもが生まれたことが分かった際に、
お金品物に関わらず用いることができる。

御出産御祝

読み方

ごーしゅっ-さん-お-いわい

用途

相手方に子どもが生まれた際の、
お祝い金または、お祝いの品にかける。

特記事項

相手方に子どもが生まれたこと確定しない限り、
使ってはいけない。
出産は安定していると思っても、
急変することもあるので、
無事に生まれてもいないのに無用なプレッシャーをかけてはいけない。

また、シンプルに「御祝」だけでも問題はない。
表書きはシンプルな方が見栄えが良い。
貰う側はどうしてもらったのか心当たりがあるはずなので、
「御祝」だけでも意味は通じるのである。

一度きりが好まれるもの(弔事、結婚に関すること)
ではないので全ての贈る物に掛けてもよい。
ただ、全てに掛けてあるとしつこいので、
その贈り物のメインの品に、
(お金と品物ならお金の方。
二品あるならメインの方)
掛けるのが好ましい。

出産のお祝いの相場

親族

両親 30,000円~100,000円
祖父母(直系尊属)・叔父叔母 10,000円~30,000円
兄弟姉妹 10,000円~50,000円
いとこ 5,000円~30,000円
姪・甥(直系卑属) 5,000円~10,000円

友人知人

生まれた子の親の友人 3,000円~10,000円
生まれた子の祖父母の友人 3,000円~
近所の方・知人 3,000円~5,000円

仕事先

上司・先輩 5,000円~30,000円
同僚・後輩 5,000円~10,000円
取引先 5,000円~

参考:カタログギフトのハーモニック




三越伊勢丹の最新儀式110番 こんなときどうする?冠婚葬祭 [ 三越伊勢丹ホールディングス ]

見本





-基本の表書き

© 2022 備忘録.site Powered by AFFINGER5